オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
  • HOME  >  
  • 沿革
株式会社オフィス・トゥー・ワン

沿革

Hostory of OFFICE TWO-ONE INC

1963

1968

1963年6月5日、オフィス・トゥー・ワン設立。
城悠輔を中心に若手放送作家が集合し、作家マネージメントを行う。
テレビやラジオ番組のアイデア・企画を創造していく集団“城悠輔とブラックバックス”のグループとして活動を開始。この頃、作家として阿久悠福田陽一郎なども加わる。高山栄、イーデス・ハンソン神太郎の参加により、タレントマネージメントを始める。

1969

1971

作詞家・阿久悠が脚光を浴びる。1971年には『また逢う日まで』で、第13回日本レコード大賞及び第2回日本歌謡大賞を受賞する。
テレビでは、『スター誕生!』(日本テレビ)等の企画立案を行い、ヒット番組の誕生に協力する。

1972

1981

テレビ制作を始める。1972年、『ぎんざNOW』(TBS)の一曜日の制作にあたる。
その後も『3時にあいましょう』(TBS)、『びっくり日本新記録』(読売テレビ)、1977年には 午後のベルト番組『おしゃれ』(日本テレビ)の制作を開始。
1981年には、『音楽の旅はるか』(毎日放送)、『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ)など、様々なテレビ番組を手がけ、テレビ制作での実績を拡大する。

1974年、福田陽一郎のオリジナルステージ『ショー・ガール』(西武劇場)を上演。
その後NO.16までシリーズで上演。その他にも様々なステージを上演して、ステージ分野にも活動領域を広げる。

イベントでは、『沖縄国際海洋博覧会』(EXPO‘75)で日本政府館のイベントの制作に当たる。以後、EXPO‘85・EXPO‘90と国際博覧会の政府館イベントの制作に携わることとなる。

1982

1987

1979年に久米宏のマネジメントを始める。1982年にテレビ番組『久米宏のTVスクランブル(日本テレビ)の制作を開始、第15回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。
また、ノンフィクション番組『恐怖のがん戦争』(テレビ朝日)を制作、民放で初めて長期取材に取り組んだ作品として評価を受け、2003年「がん戦争PART19」までを放送している。

そして、久米宏をメインキャスターに据えた新しいタイプの報道番組『ニュースステーション』(テレビ朝日)が1985年10月にスタート。

その他、ノンフィクション番組『ネーチャリングスペシャル 大氷河5000キロ地球最後の神秘に挑む~パタゴニア』(テレビ朝日)、クイズ番組『クイズ地球まるかじり!』(テレビ東京)など、数多くのテレビ番組制作を行い、様々な賞を受賞する。

1988

1992

『どーする!? TVタックル(現:ビートたけしのTVタックル)』(テレビ朝日)の制作を開始。

『GOODジャパニーズ』(TBS)では、将来の双方向番組を想像させる番組として注目を集めた。

『プレステージ』(テレビ朝日)では、視聴率的に難しいとされていた午前1時~午前4時半という深夜枠に挑戦する。人々の生活の24時間化を見越し〈時間帯開発〉〈メディア開発〉という2つのコンセプトで好評を得るなどテレビ制作において、新しい番組作りを目指す。

1993

1999

テレビ通販番組『快楽通信』〜『ミッドナイトマーメイド』(テレビ朝日)の制作を開始。商品情報+通信販売という新しい通販番組が実現、当社の通販ビジネスがスタートする。

ステージでは、ニューヨークに進出、ブロードウェイでミュージカル『The Goodbye Girl』を上演、トニー賞にノミネートされる。

また、本格的なタップショーとして好評を得た、福田陽一郎企画・構成・演出の『シューズ・オン!』をプロデュース、シリーズ化される。

2000

2008

2000年12月BSデジタル放送開始と同時に、『NEWSアカデミー』(BS-i)、『ザ・ロングインタビュー』(BSフジ)の制作を開始。ドラマ『あした吹く風』(BS-i)では、BSデジタル大賞2002作品賞、第20回ATP賞2003総務大臣特別賞、ドラマ部門優秀賞を受賞。

2003年、創立40周年を迎え、その記念事業として山本一力原作『大川わたり』を上演。映画では日本、中国、台湾のアジア3カ国の実力派俳優が競演した映画『最後の恋,初めての恋』を製作。

2004年、大人の音楽エンターテインメント『ミューズの楽譜』(テレビ東京)の制作を開始。

2006年、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」(テレビ東京)、阿川佐和子、爆笑問題司会の情報番組「スタメン」(フジテレビ)、番組独自のオーダー商品を扱った「オーダーマニア」(テレビ東京)がスタート。

2008年、創立45周年を迎える。
「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)は20周年を迎える。
「ミューズの晩餐」(テレビ東京)がスタート。

2009

2013

株式会社オフィス・トゥー・ワンも2013年6月5日、創立50年を迎える。
マネージメント部門では、講演会事業に力をいれ、さまざまな文化人の方々の活躍の場を広げはじめる。また、これまで培ってきたタレントや作詞家のマネージメントに加え、落語家などの新しい分野の拡大を図る。当社としては、新しい試みとして久米宏がメインをつとめBS5局共同番組「ニッポン100年物語」に出演。

テレビ制作では、
ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)、
所さんの学校では教えてくれない そこんトコロ(テレビ東京)、
小谷真生子のKANDAN(BS-JAPAN)、
地球VOCE(テレビ東京)、
グリーンの教え(BS-TBS)、
Resilient JAPAN(NHK国際放送)、
とことん歴史紀行(日本BS放送)など、他にもレギュラー番組を制作。

単発では、
アフリカ最貧国・ベナン救済計画~ビートたけしのお願い~(テレビ朝日)、
世界一高価なモノがたり 50億円?マリー・アントワネットが求めた時計(WOWOW)、
久米宏・経済スペシャル 新ニッポン人の食卓(テレビ東京)、
金曜プレステージ 自衛隊だけが撮った0311~そこにある命を救いたい~(フジテレビ)、
たけし&所の二人テレビ(日本テレビ・TBS・テレビ朝日)、
ニッポン100年物語(BS5局共同番組)『医学の100年「日本人はなぜ長寿になったのか?」』(BSフジ)

ドラマでは、「歌謡曲の王様伝説 阿久悠を殺す」(NHK BSプレミアム)で、ギャラクシー賞受賞。