ページトップへ

講演会講師プロフィール

矢内 理絵子
お問い合わせはこちら

矢内 理絵子

Rieko Yauchi

女流棋士 女流五段

1980年1月10日生
女流棋士 女流五段 日本将棋連盟女流棋士会会長
埼玉県行田市出身。8歳で父親に将棋を教わる。
関根茂9段門下。90年に女流育成会に入会をし、93年4月プロ棋士になる。
2006年に第32期女流名人位を獲得、続く第33期、第34期も防衛を果たし女流名人位3連覇を果たすなど、これまでにタイトルを多数獲得している。2013年4月に女流棋士会会長に就任。
行田市の観光大使も務める。
2013年冬学期から、東京大学大学院総合文化研究科客員准教授に就任。

【タイトル履歴】
女王 2期(第1、2期-2008、9年度)
女流名人 3期(第32期-第34期 2005年~2007年度)
女流王位 1期(第8期-1997年度)
登場回数合計 17回
獲得合計 6期
2009年7月に茂木健一郎氏との共著『女脳~ひらめきと勝負強さの秘密』(講談社)を上梓。

講演会テーマ

ひらめき~勝負を左右する思考と決断

将棋の世界では「ひらめき」や「直感」と言った『思考』が最も重要だと感じています。
この思考が勝負に勝つための「魔法のちから」になっています。
日々の生活やビジネスの中でも、判断に迷うような事はないでしょうか?その様な時に将棋独特の思考法を身につけておけば問題解決の糸口になるのではないかと考えています。
この講演の中で、私が将棋を通して学んだ「脳力」の鍛え方から「ひらめき」や「直感」といった『魔法のちから』を発揮する方法をお話しいたします。

メールお問い合わせ
講師検索

講演会テーマ

大ジャンル

小ジャンル

対象別

催事

性別