ページトップへ

講演会講師プロフィール

朝岡 聡
お問い合わせはこちら

朝岡 聡

Satoshi Asaoka

フリー アナウンサー/コンサート ソムリエ

横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。各種スポーツ中継や「ニュースステーション」初代スポーツキャスターとして活躍。1995年フリーとなってからはテレビ・ラジオ・CM出演のほか、クラシックやオペラ・コンサートの司会や企画構成にも活動のフィールドを広げている。都響、東フィル、東響、日フィルをはじめ国内外のオーケストラやアーティストとも共演多数。興味深い内容を軽妙なトークで展開する独自の世界は、新しい芸術ファンのすそ野を広げる司会者として注目と信頼を集めている。
特にオペラに関してはコンサート司会以外にも早稲田大学エクステンションセンター「オペラに行こう」の講座や、サントリーホールオペラアカデミー公演および藤原歌劇団公演でのナビゲーターなどで名場面や有名アリアを生き生きと物語るトークが大好評。バロック・モーツァルト、ベルカントオペラには特別な情熱を持ち、毎年オペラ取材のためヨーロッパの歌劇場に通う愛好家でもある。雑誌掲載の旅企画でオペラをテーマにした現地取材ものも多数。
著書にリコーダー愛を綴った「笛の楽園」(東京書籍)。「いくぞ!オペラな街」(小学館)。日本ロッシーニ協会運営委員。

講演会テーマ

だからオペラは面白い! やめられない! ~エグゼクティブに捧げるオペラの魅力~

古典芸術で難しくて退屈と思われがちのオペラ。しかし、そのストーリーを押さえて鑑賞するだけで楽しさは大きく膨らむもの。ビジネスで海外の人たちと人間関係を構築する機会も格段に増えた現代において、相手国の文化の理解は必須であり、オペラの本質を知ることは「リベラルアーツ」の確立の一助とさえ言えます。本講演は、コンサート・ソムリエとしてお馴染みの朝岡聡が代表的なオペラを題材にして、その背景にある社会・文化などを織り込みながら解説していきます。「オペラはなぜ聴衆の心を掴むのか?」「オペラの背景を知れば、リベラルアーツの重要性が解ってくる」「西洋人と日本人の社交の違い」…等々。人間ドラマ・美しい音楽の宝庫であるオペラを知ることで、きっとこれからの人生が確実に豊かになります。まだオペラに触れたことない人たちに、オペラに触れる絶好の機会を。

メールお問い合わせ
講師検索

講演会テーマ

大ジャンル

小ジャンル

対象別

催事

性別