ページトップへ

講演会講師プロフィール

イーデス・ハンソン
お問い合わせはこちら

イーデス・ハンソン

Edith Hanson

タレント

 インド北部のマスーリ生まれ、9歳まで育つ。
 1960年来日し、タレント活動を開始する。
 ユニークな大阪弁と舌鋒鋭い論評で、テレビ・ラジオ・雑誌対談などで人気を得る。
 その後は、1986年から1999年まで13年間にわたり、世界的な人権擁護団体「アムネスティ・インターナショナル」日本支部長を務め、支部長を退任した後は特別顧問として精力的な活動を続ける。
 一方で、1987年からは念願であった「田舎暮らし」を、2004年に世界遺産登録された「熊野古道」の通う和歌山県中辺路(なかへち)町(現・田辺市中辺路町)で開始。
 2004年から2014年まで「特定非営利活動(NPO)法人エファジャパン(Efa Japan)」理事長として、ベトナム・ラオス・カンボジアの3ヶ国で「アジア子どもの家」を展開し、子供達への教育支援活動を実施。現在も顧問としての活動を続けている。
 和歌山県文化功労賞(2002年度)、京都府亀岡市生涯学習ゆう・あい賞「千登三子賞」(2008年度)を受賞。
 2010年度から2013年度まで近畿大学総合社会学部の客員教授を務める。

講演会テーマ

地球に優しい暮らし方

環境問題が大きくクローズアップされている現在、私達が背負う役割とは何か。
ハンソンの和歌山での暮らしを例にとり、緑・水・ゴミ・自然等に対する、「地球に優しい暮らし方」を提案いたします。便利さに紛れて忘れてしまっている、日頃のちょっとした気配りを大切にすることで「地球に優しい暮らし方」は可能なのです。

つぶしのきく人間になろう

今後、日本社会が直面する高齢化社会。そんな社会で自分が将来どのように生きていくのか、豊かな老後とはいったい何なのか。自分の生き方のビジョンを確立して、よりよい人生を送るための提案をします。
高齢の方だけでなく、若い世代の方にも、自分の老後、人生設計についての認識を新たにしてもらいたいと考えています。

違いがあってこそ・・・

日本の国際化が叫ばれる昨今、真の“国際化”に必要なことは何なのか。「みんなと同じだと安心」、だけど安心することが人生の一番の目的でしょうか。ほかのもの全部を犠牲にしてまで得る安心感は、本当の安心感ではない。仮にそう思う人も、そうでない人を認め、選択する自由があっていい。自分がいじめられてないからいい、ではなく、逆の立場になったらどうなんだろう、と考える。「想像力」を働かせて違いを認め、評価し合うことが人権の意識なのです。

他多数

「ゆとりある生活」

現代日本に必要とされている“ゆとり”。しかし、本当の意味でのゆとりを感じることのできる人はどれくらいいるでしょうか。一言に「ゆとり」といっても、様々な形の“ゆとり”があり、受け止める側、ひとりひとりの気持ちの持ちようによって、日常が「ゆとりある生活」に変化することを、再認識できるはずです。

メールお問い合わせ
講師検索

講演会テーマ

大ジャンル

小ジャンル

対象別

催事

性別