ページトップへ

講演会講師プロフィール

長谷川 幸洋
お問い合わせはこちら

長谷川 幸洋

Yukihiro Hasegawa

ジャーナリスト・作家

1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。77年に中日新聞社入社。
東京新聞・中日新聞論説委員。
東京本社(東京新聞)経済部勤務、ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)、ブリュッセル支局長などを経て論説委員。
06〜09年に政府税制調査会委員、05〜08年に財政制度等審議会臨時委員、12〜13年に大阪市人事監察委員会部会長など。
07年から2015年に日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、16年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。
著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。
最新刊は 「2020年新聞は生き残れるか」(講談社)。
趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

講演会テーマ

安倍政権と今後の日本

激動する世界~日本の針路を考える

安倍政権の重要課題とその背景、政局の内幕と今後の見通し、日本は今後どうあるべきかについて、その時点で最もホットな政治・経済・国際情勢の深層を首相、官房長官を含む政権中枢部への取材を加えて解説します。

メールお問い合わせ
講師検索

講演会テーマ

大ジャンル

小ジャンル

対象別

催事

性別