ページトップへ

講演会講師プロフィール

林家 彦いち
お問い合わせはこちら

林家 彦いち

Hikoichi Hayashiya

落語家

1969年7月3日生
鹿児島県出身。
平成元年に国士舘大学文学部を中退し、林家木久扇(初代木久蔵)門下へ入門。
前座名を“きく兵衛”とし、初高座は平成2年で演目は「寿限無」。平成5年に二ツ目に昇進し、現在の“彦いち”へ改名。
平成14年に真打昇進。
現在までに数々の賞を受賞し、新作の落語も数多く手がける傍らで、海外での英語で落語会にも精力的に参加。
またSWA(創作話芸アソシエーション)のメンバーとして、本多劇場を中心に、落語以外の活動も盛んにおこなっている。

ホームページ
Twitter
Facebook


【ライブ情報】
7/28(日)13:00開演 国立演芸場
「親子で楽しむ演芸会」

8/5(月)18:30開演 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
「立川志獅丸真打昇進披露落語会」

8/13(火)20:00開演 渋谷ユーロスペース
「渋谷らくご しゃべっちゃいなよ」

8/26(月)19:00開演 博品館
「林家彦いち2days〜噺家になって30回目の夏なので、銀座で、祝ってもらいます。」

8/27(月)19:00開演 博品館
「林家彦いち2days〜噺家になって30回目の夏なので、銀座で、祝ってもらいます。」

8/28(火)20:00開演 経堂さばのゆ
「ヤスミのタネ」


【定席番組】
落語協会HP

講演会テーマ

林家彦いち落語会

写真などのスライドを使用しながら、2時間ひたすら喋り続ける「喋り倒し」に始まり、若手を複数人集めて行う2人会や3人会など、様々なバリエーションで行います。古典はもちろん、彦いち自身の体験に基づく創作落語なども人気の会です。
例:
①喋り倒し:彦いちが単身スライド写真を駆使し、自身の経験を2時間ノンストップで喋り倒します。
②独演会:彦いちが、自身の体験を基に作った創作噺と古典を、合せて3席つとめます。
③二人会:林家 彦いち+二つ目または師匠クラスの芸人の二人会(人選は応相談)
④三人会:二人会の条件に色物(太神楽・紙きり・漫才など)がつきます(人選は応相談)


メールお問い合わせ
講師検索

講演会テーマ

大ジャンル

小ジャンル

対象別

催事

性別