オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
作詞家・作曲家・アーティスト
阿久 悠
プロフィールを印刷

阿久 悠

You Aku

作家・作詞家

1937年2月7日生

 1959年、明治大学文学部卒業後、広告代理店宣弘社に勤務し、番組企画やCM制作等を手掛ける。1965年にフリーとなり、本格的な文筆活動に入る。
 尾崎紀世彦「また逢う日まで」、沢田研二「勝手にしやがれ」、ピンクレディー「UFO」などこれまでに作詞を手掛けた曲は5千曲以上に及ぶヒットメーカー。また、企画・審査員として携わったテレビ番組「スター誕生」からは、森昌子・桜田淳子・山口百恵を始め、岩崎宏美・小泉今日子・中森明菜ら数多くのスターを世に送り出した。
 また、映画化された「瀬戸内少年野球団」に代表される著作も多く、「家族の神話」「家族元年」といった日本の家族を題材とした小説や近年は大人の恋愛小説「絹婚式」「あこがれ」「もどりの春」などを上梓。その後も空想野球小説「球心蔵」(河出書房新社)などを発表。
 1997年に刊行された短編小説集「恋文」、長編小説「ラヂオ」はその後ラジオドラマ化され、特に「ラヂオ」(NHK-FM)は第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞する。
 作家生活30周年を迎えた1997年、14枚組CD全集「移りゆく時代、唇に詩」を発売、新作の歌詞100篇を収録した「書き下ろし歌謡曲」(岩波新書)を刊行する。同年30年間にわたる作詞活動に対して、日本文芸振興会主催による第45回菊池寛賞を受賞。さらに1999年春、紫綬褒章を受賞。2000年10月、掌編小説集「詩小説」にて第7回島清(しませ)恋愛文学賞を受賞。
 2007年8月1日、作詞家生活40周年の年に逝去。享年70歳。 同年、旭日小綬章を受章。
 2011年10月に母校である明治大学駿河台キャンパス内に「明治大学阿久悠記念館」オープン。



阿久悠オフィシャルホームページ「あんでぱんだん」 

明治大学阿久悠記念館

CD

  • 2014年9月小林旭&浅丘ルリ子「いとしいとしというこころ」/「夢のかたみに」夢レコード
  • 2014年8月岩崎宏美「Dear Friends Ⅶ 阿久悠トリビュート」テイチク
  • 2014年1月加藤登紀子「富士山だ」日本コロムビア
  • 2013年12月「こどもへの阿久悠~かつてこどもだったあなたへ、そしてそのこどもたちへ」日本コロムビア
  • 2013年12月「おとなへの阿久悠~酒場で聴きたい名歌たち」日本コロムビア
  • 2013年12月「阿久悠の世界 ゴールデンヒット歌謡曲」ユーキャン ※CD全10巻
  • 2013年10月桜田淳子「Thanks40~青い鳥たちへ」ビクター
  • 2013年4月西郷輝彦「特別な名曲集~エクストラ60~」 ※未発表音源「愛した人が去った日に」収録
  • 2013年2月ジェロ「セレナーデ」ビクター ※c/w「あ・いた」収録
  • 2013年2月小林旭「素晴らしき哉人生」テイチク
  • 2013年2月あさみちゆき「木枯らし一号~バラード編~」テイチク
  • 2013年1月すぎもとまさと「アパートの鍵」テイチク
  • 2013年1月すぎもとまさと「すぎもとまさと Meets 阿久悠」テイチク

書籍

  • 2013年7月「甲子園の詩 完全版 敗れざる君たちへ」幻戯書房
  • 2013年7月「瀬戸内少年野球団」岩波現代文庫
  • 2012年4月「瀬戸内少年野球団」(コミック版)集英社ホームコミックス
  • 2011年10月「無冠の父」岩波書店
  • 2009年9月「作詞入門~阿久式ヒット・ソングの技法」岩波現代文庫
ライブ

テキスト

  • 2015年6月29日(月)~9月6日(日)

高校野球100年記念展示 野球殿堂博物館特別展 「高校野球と野球殿堂」

全国中等学校優勝野球大会の第1回大会開催から今夏で100年となります。これを記念した特別展「高校野球と野球殿堂」と同時に阿久悠「甲子園の詩」特別展示が開催されます。1979年から2006年までスポーツニッポン紙上に連載された作品から、名勝負9編を紹介いたします。

開催日程: 2015年6月29日(月)~9月6日(日)
会場: 野球殿堂博物館(東京ドーム 21ゲート右側)
http://www.baseball-museum.or.jp/showcase/program/detail.html?id=772

テキスト

  • 2014年7月29日(火)~10月5日(日)

阿久悠『甲子園の詩』特別展

阿久悠は1979年から2006年まで、28年間にわたり夏の全国高校野球選手権大会を見続け、「甲子園の詩」としてスポーツニッポン新聞に連載を続けていました。その中から代表作品をピックアップした特別展が阪神甲子園球場甲子園歴史館にて開催されます。
http://www.koshien-rekishikan.com/

過去の主な実績

CD

2012年10月  あさみちゆき「あさみのうたⅧ~阿久悠さんからの手紙~」テイチク
2012年 8月  川中美幸&松平健「名場面」テイチク
2012年 8月  ESCOLTA「愛のうた」徳間ジャパン
2012年 6月  一青窈「パラソル哀歌」フォーライフ ※アルバム「一青十色」収録
2012年 4月  山本リンダ「恋は花火か 地の雪か」徳間ジャパン
2011年12月  ペドロ&カプリシャス「酔いどれマリアが歌う店」テイチク
2011年10月  南こうせつ「愛よ急げ」日本クラウン
2011年 6月  島津亜矢「悠悠~阿久悠さんに褒められたくて~」テイチク
2011年 6月  三代目コロムビア・ローズ「いつかその気になったら」日本コロムビア
2011年 5月  加藤久仁彦&トップギャラン「青春紙風船」テイチク
2010年 9月  サンプラザ中野くん「野球狂~拝啓タイガース様~」日本コロムビア
2010年 9月  「新・人間万葉歌~阿久悠作詞集」ビクター
2010年 7月  「歌鬼3~阿久悠☓青春のハーモニー~」ユニバーサル
2010年 7月  ささきいさお「風の会話」日本コロムビア
2009年12月  「Bad Friends~阿久悠トリビュート~」ポニー・キャニオン
2009年 9月  南こうせつ「二人のラプソディ/風に吹かれて 再会篇」日本クラウン
2009年 2月  「歌鬼2~阿久悠vs.フォーク~」ユニバーサル
2009年 1月  「感冬期~阿久悠作詞集<冬>」ビクター
2008年10月  「思秋期~阿久悠作詞集<秋>」ビクター
2008年 9月 「続・人間万葉歌」ビクター(5枚組)
2008年 7月 ESCOLTA「今も好きだから」ビクター
2008年 7月 「歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~」ユニバーサル
2008年 7月 「恋夏期~阿久悠作詞集<夏>」ビクター
2008年 7月 高橋真梨子「目を見て語れ恋人たちよ」ビクター
2008年 4月 「青春期~阿久悠作詞集<春>」ビクター
2008年 3月 阿久悠TV&CMソングコレクション「阿久ちゃんねる」日本コロムビア
2008年 3月 ピンク・レディー「阿久悠作品集」ビクター
2008年 3月 岩崎宏美「阿久悠作品集」ビクター
2008年 3月 桜田淳子「阿久悠作品集」ビクター
2007年12月 「君の唇に色あせぬ言葉を~阿久悠作詞集1978」ビクター(2枚組)
2007年12月 森進一「阿久悠作品集」ビクター
2007年12月 「男と女・昭和編~阿久悠作品集」キング
2007年11月 「阿久悠の我が心の港町」キング
2007年11月 「阿久悠を歌った100人~青春時代(GS・フォーク・ニューミュージック編)」ソニー
2007年11月 「阿久悠を歌った100人~わたしの青い鳥(女性アイドル編)」ビクター
2007年11月 「阿久悠を歌った100人~ざんげの値打ちもない(女性歌謡曲編)」日本コロムビア
2007年11月 「阿久悠を歌った100人~勝手にしやがれ(男性ポップス編)」ユニバーサル
2007年11月 「阿久悠を歌った100人~熱き心に(男性歌謡曲編)」テイチク
他多数

書籍

2008年 9月 「華~君の唇に色あせぬ言葉を」産経新聞出版(写真:大出一博)
2008年 9月 「凛とした女の子におなりなさい~日本人らしいひと」暮しの手帖社
2008年 7月 「歌謡曲春夏秋冬~音楽と文楽」河出書房新社(河出文庫)※「文楽~歌謡曲春夏秋冬」文庫化
2008年 7月 「なぜか売れなかったぼくの愛しい歌」河出書房新社(河出文庫)※「なぜか売れなかったが愛しい歌」文庫化
2008年 5月 「テレビ、このやっかいな同居人」朝日新聞出版(朝日文庫)
2008年 2月 「路地の記憶」小学館(写真:佐藤秀明)
2007年12月 「阿久悠 命の詩~『月刊you』とその時代」講談社
2007年12月 「阿久悠のいた時代~戦後歌謡曲史」柏書房 ※篠田正浩・齋藤槇爾 責任編集
2007年12月 「夢を食った男たち~『スター誕生』と歌謡曲黄金の70年代」文藝春秋(文春文庫)
2007年12月 「生きっぱなしの記」日本経済新聞出版社(日経ビジネス人文庫)
2007年12月 「歌謡曲の時代~歌もよう人もよう」新潮社(新潮文庫)
2007年10月 「清らかな厭世~言葉を失くした日本人へ」新潮社
2007年10月 「男と女の部屋」小池書院(画:上村一夫)復刻版

  • 2006年 8月 「『企み』の仕事術」ロングセラーズ
  • 2005年10月 「昭和おもちゃ箱」光文社(知恵の森文庫)
  • 2004年12月 「犬猫太平記」河出書房新社
  • 2004年11月 「悪魔のようなあいつ 上」角川書店(画:上村一夫)復刻版
  • 2004年11月 「悪魔のようなあいつ 下」角川書店(画:上村一夫)復刻版
  • 2004年 9月 「歌謡曲の時代~歌もよう人もよう」新潮社
  • 2004年 5月 「生きっぱなしの記」日本経済新聞社
  • 2004年 6月 「詩小説」中央公論新社(中公文庫)
  • 2003年 7月 「なぜか売れなかったが愛しい歌」河出書房新社
  • 2003年 6月 「日記力」講談社(講談社プラスα新書)
  • 2003年 2月 「昭和おもちゃ箱」産経新聞社
  • 2003年 1月 「ただ時の過ぎゆかぬように~僕のニュース詩~」岩波書店
  • 2002年11月 「花謡曲 写真集」毎日新聞社(写真:大出一博)
  • 2002年 1月 「この人生の並木路」(阿久悠、浅井愼平、久世光彦)恒文社21
  • 2001年 7月 「転がる石」文藝春秋
  • 2001年 6月 「もどりの春」中央公論新社
  • 2000年10月 「15の知・15の指針」流通科学大学出版
  • 2000年 7月 「ラヂオ」日本放送出版協会
  • 2000年 5月 「文楽~歌謡曲春夏秋冬」河出書房新社
  • 2000年 2月 「恋文」河出書房新社(河出文庫)
  • 2000年 1月 「詩小説」中央公論新社
  • 1999年11月 「球心蔵」河出書房新社(河出文庫)
  • 1999年10月 「A面B面 作詞・レコード・日本人」筑摩書房(ちくま文庫)
  • 1999年 7月 「木炭日和」日本エッセイストクラブ編1999年版ベスト・エッセイ集 文藝春秋
  • 1999年 7月 「愛すべき名歌たち 私的歌謡曲史」岩波書店(岩波新書)
  • 1999年 6月 「歌謡曲って何だろう」 日本放送出版協会
  • 1999年 3月 「あこがれ」河出書房新社(河出文庫)
  • 1999年 2月 「絹婚式」河出書房新社(河出文庫)
  • 1998年12月 「第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人」KSS出版
  • 1998年 5月 「少女物語」朝日新聞社
  • 1997年12月 「球心蔵」河出書房新社
  • 1997年 8月 「夢を食った男たち」小池書院(道草文庫)
  • 1997年 8月 「書き下ろし歌謡曲」岩波書店(岩波新書)
  • 1997年 4月 「恋文」文化出版局
  • 1996年 9月 「ベースボール・パラダイス」河出書房新社
  • 1996年 7月 「銀幕座二階最前列」講談社
  • 1996年 2月 「ちょっとお先に」河出書房新社
  • 1995年    「より豊かに生きる発想法」廣済堂出版
  • 1995年11月 「あこがれ」河出書房新社
  • 1995年 7月 「恋歌ふたたび」講談社
  • 1994年 5月 「絹婚式」文化出版局
  • 1993年11月 「飢餓旅行」講談社(講談社文庫)
  • 1993年10月 「言葉の達人たち」扶桑社
  • 1993年 6月 「夢を食った男たち」毎日新聞社
  • 1992年12月 「無名時代」集英社
  • 1992年 5月 「夏の終わりに」講談社
  • 1992年 2月 「家族元年」文藝春秋
  • 1992年 1月 「阿久悠 歌は時代を語りつづけた 写真詩集」日本放送出版協会(写真:土田ヒロミ)
  • 1991年 9月 「女が35歳で…」part3 マガジンハウス
  • 1991年 1月 「喝采」文藝春秋(文春文庫)
  • 1990年 5月 「おかしなおかしな大誘拐」集英社(集英社文庫)「なに?お巡りさんが…」改題
  • 1990年 4月 「BN童子の青春 グッドバイ」集英社
  • 1990年 4月 「飢餓旅行」講談社
  • 1989年 1月 「墨ぬり少年オペラ」文藝春秋
  • 1988年10月 「あッ識捻転」マガジンハウス
  • 1988年10月 「どうせこの世は猫またぎ odd eye essay」毎日新聞社
  • 1988年 7月 「キングの火遊び」角川書店(カドカワノベルズ)
  • 1988年 3月 「写真集 瀬戸内」毎日新聞社(写真:森田敏隆)
  • 1988年 1月 「喝采」文藝春秋
  • 1987年 2月 「男の純情集団」光文社
  • 1986年11月 「ちりめんじゃこの詩」文藝春秋(文春文庫)
  • 1986年 9月 「甲子園の詩 Part3」福武書店
  • 1986年 9月 「最後の楽園 瀬戸内少年野球団 青春編」光文社(光文社文庫)
  • 1985年12月 「人生は第二志望で成功する 阿久悠の夢宙塾」徳間書店
  • 1985年10月 「殺人狂時代 ユリエ」角川書店(角川文庫)
  • 1985年 9月 「甲子園の詩 Part2」福武書店
  • 1985年 8月 「A面B面 作詞・レコード・日本人」文藝春秋
  • 1985年 7月 「イブの黙示録」角川書店(角川文庫)
  • 1985年 5月 「くたばれテレビジョン」角川書店
  • 1985年 5月 「続 瀬戸内少年野球団」文藝春秋(文春文庫)「紅顔期」文庫化
  • 1984年12月 「最後の楽園」光文社
  • 1984年 9月 「家族の神話」講談社(講談社文庫)
  • 1984年 7月 「家族の晩餐」講談社(講談社文庫)
  • 1984年 6月 「甲子園の詩 Part1」福武書店
  • 1984年 5月 「なに?お巡りさんが…」角川書店
  • 1983年11月 「阿久悠とすばらしき仲間たち」(福武書店)
  • 1983年11月 「瀬戸内少年野球団」文藝春秋(文春文庫)
  • 1983年10月 「プレイバック高校時代3」福武書店
  • 1983年 7月 「鳥獣戯歌」角川書店
  • 1983年 6月 「阿久悠自選詞集」グラフ社
  • 1983年 6月 「阿久悠の作詞術入門」ドレミ楽譜出版社(ドレミブックス)
  • 1982年12月 「家族の晩餐」講談社
  • 1982年 7月 「時にはざんげの値打ちもある」角川書店(角川文庫)
  • 1982年 3月 「殺人狂時代 ユリエ」角川書店(カドカワノベルズ)
  • 1981年 7月 「家族の神話」講談社
  • 1981年 6月 「悪魔の祝祭」角川書店(角川文庫)「ゴリラの首の懸賞金」(下)改題
  • 1981年 6月 「地獄の総統」角川書店(角川文庫)「ゴリラの首の懸賞金」(上)改題
  • 1981年 6月 「紅顔期」文藝春秋
  • 1981年 4月 「未完青書」集英社(集英社文庫)
  • 1979年11月 「瀬戸内少年野球団」文藝春秋
  • 1979年 8月 「阿久悠の仕事の知恵-まず魚眼思考で展望を開け」自由国民社
  • 1979年 7月 「大衆の心理-流行歌にみる」現代研究会
  • 1979年 5月 「未完青書」集英社(明星デュエット・ブックス)
  • 1978年10月 「阿久悠の魚眼思考」自由ブックス社
  • 1978年 8月 「歌は世につれ-シンポジウム 今日の大衆と音楽-」講談社
  • 1978年 2月 「ゴリラの首の懸賞金(下)」スポニチ出版
  • 1978年 2月 「ゴリラの首の懸賞金(上)」スポニチ出版
  • 1977年 2月 「ヒット(下)~阿久悠の実戦的作詞講座~」スポーツニッポン新聞社
  • 1975年11月 「ヒット(上)~阿久悠の実戦的作詞講座~」スポーツニッポン新聞社
  • 1975年 9月 「花心中 ②」講談社(画:上村一夫)
  • 1975年 9月 「悪魔のようなあいつ ②」講談社(画:上村一夫)
  • 1975年 8月 「花心中 ①」講談社(画:上村一夫)
  • 1975年 6月 「悪魔のようなあいつ ①」講談社(画:上村一夫)
  • 1973年    「36歳・青年~時にはざんげの値打ちもある」講談社
  • 1973年 5月 「男と女の部屋」双葉社(画:上村一夫)
  • 1972年 5月 「作詞入門~阿久式ヒット・ソングの技法~」産報