オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
タレント
金子 稚子
プロフィールを印刷

金子 稚子

Wakako Kaneko

終活ジャーナリスト

雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、誰もが必ずいつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行っている。当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない終末期から臨終、さらに死後のことまでをも分析的に捉えた冷静な語り口は、各分野の専門家からも高い評価を得て、医療関係や宗教関係などの各学会や研修会でも講師として登壇。さらに、生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業に対してや、行政、一般向けにも研修や講演活動を行う。また、多死社会を前に、人々の死の捉え直しに力を入れ、真の“終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、自分で「いきかた(生き方・逝き方)」を決める必要性を訴えている。
著書に『アクティブ・エンディング〜大人の「終活」新作法〜』(河出書房新社)、『死後のプロデュース』(PHP新書)、『金子哲雄の妻の生き方〜夫を看取った500日〜』(小学館文庫)。編集制作・執筆に『親の看取り〜親が倒れてから、介護・療養・終末期のすべて〜』(e-MOOK 宝島社)。
一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問。医療法人社団ユメイン野崎クリニック顧問。厚生労働省『人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方 に関する検討会』構成員。
夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。

金子稚子講演会 最新情報

■平成27年度 緩和ケア講演会
日時:2016年2月27日(土)14時00分~16時00分
会場:ガレリアかめおか 2階大広間
主催:公立南丹病院 (共催:京都府南丹保健所)

■アクティブシニアプロジェクト「セカンドライフ&終活フェア」
日時:2016年3月27日(日)13時00分~14時30分
会場:アスティとくしま
主催:徳島新聞社
ライブ

テキスト

  • 9月30日(土)、10月14日(土)13:00~16:30(全2回)

「今だからこそ学べる「いきかた」準備 〜アクティブ・エンディングのススメ〜 」

早稲田大学エクステンションセンター公開講座

早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校 公開講座
(( 八丁堀駅A3出口より徒歩1分 ))

「今だからこそ学べる「いきかた」準備 〜アクティブ・エンディングのススメ〜 」
知っていれば怖くない!お金・介護・医療・心の準備の具体的内容
9月30日(土)、10月14日(土)
13:00~16:30(全2回)

40代以上となれば誰もが気になる親の介護や療養、看取りについて、どうすればいいのか、現状の課題や具体的情報などを得ることで、その時に冷静に対応できる知識と力を身につけます。
介護や療養について、費用の把握、お金の準備の仕方、かけ方などを学び、親だけでなく自分の老後にも役立てます。

【講義概要】
必要以上に不安視したり、逆に「なんとかなるさ」と楽観視しすぎたり。いずれにしても、何も準備しなかったり、一度も具体的に考えたことがなかったりすると、親の介護や療養、看取りでは、想像以上に苦しい思いをする場合が少なくありません。親の看取り、そして自分の老後、人生の終わりは、確実にやってくる未来です。介護や療養は、地域によって事情が大きく異なります。国の医療政策など背景を知るとともに、より具体的な情報を得て備えましょう。

↓ 詳細はこちら ↓
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/40168/

テキスト

  • 6月3日(土)、6月17日(土)

早稲田大学エクステンションセンター公開講座

早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校 公開講座
(( 八丁堀駅A3出口より徒歩1分 ))

「今だからこそ学べる「いきかた」準備 〜アクティブ・エンディングのススメ〜 」
知っていれば怖くない!お金・介護・医療・心の準備の具体的内容

6月3日(土)、6月17日(土)
13:00~16:30(全2回)


死については多くの人が抵抗感を覚えます。
このため、事前に知っておいた方がよい情報もほとんど表には出てきません。
本講義では、もはや多死社会とも言えるだろう今、何よりもまず死に関する観念論ではない実践的な情報を知り、「その時」に対応できる知識と力を養います。

【講義概要】
まだ先のことだと思っている人ほど危ない。
病気や介護、そして死はある日突然やってきます。
その時、巷にあふれる情報ではまるで対応できないことを痛感するでしょう。
たとえば、高度に発達した医療を受けられる我が国では、多くの人が「最後の医療」を選択しなければならないことをご存知でしょうか。
あるいは、ほとんどの日本人が、死が明確に視野に入った状態で生きる、という時間があることをご存知でしょうか。
その時、一体どんなことが起こるのか、どんな医療が提示されるのか。
健康な今だからこそ、学んでおきたい内容です。

↓ 詳細はこちら ↓
https://admin.wuext.waseda.jp/course/detail/38013/

講演会タイトル

  • 死ぬことと、生きることは同じ
  • 家で死ぬ、ということ〜家での看取りは怖くない〜
  • アクティブ・エンディング〜大人の『終活』新作法〜
  • 40代から始めるアクティブ・エンディング〜40代からの実践的『終活』とは〜
  • 死って、悲しいだけなの?〜悲しみを力に変える〜
  • 人は死別が辛いだけではありません。〜死に関わる専門家に伝えたいこと〜