オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
タレント
竹内 薫
プロフィールを印刷

竹内 薫

Kaoru Takeuchi

サイエンス作家

1960年7月2日東京生まれ。東京大学教養学部教養学科(専攻、科学史・科学哲学)・東京大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻、高エネルギー物理学理論)。
理学博士(Ph.D.)
大学院を修了後、サイエンスライターとして活動。物理学の解説書や科学評論を中心に100冊あまりの著作物を発刊。2006年には「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」(光文社新書)を出版し、40万部を越えるベストセラーとなる。物理、数学、脳、宇宙、・・・など幅広い科学ジャンルで発信を続け執筆だけでなく、テレビ、ラジオ、講演など精力的に活動している。また大の猫好きでもあり、著作物の中に猫(シュレディンガーの猫)も度々登場する。

ホームページ
http://kaoru.to

現在出演中の番組

NHK Eテレ「サイエンスZERO」(日曜 23:00~00:00)
TBS「ひるおび!」(隔週月曜 10:25~13:50)

TBS「あさチャン」(~2017年3月 水・木曜レギュラーコメンテーター)

最近の主な連載

日本経済新聞「今週の3冊」(水曜夕刊)
PHP のびのび子育て「満天のひなたぼっこ」
週刊新潮「もう一度ゼロからサイエンス」

講演会タイトル

  • 今注目のサイエンス・ニュース
  • 環境問題を科学的に考える
  • 理系バカと文系バカ
  • 99.9%は仮説~思い込みで判断しないための発想法

過去の主な実績

他多数

過去の実績(出演他)

「JAXA経営に関する懇談会委員・外部広報委員」
「内閣府 総合科学技術・イノベーション会議構成員」
「文部科学省 科学技術白書表紙絵・デザインコンクール選考委員」
CX「たけしのコマ大数学科」
Fm yokohama「FUTURESCAPE」2012年3月10日
TBS-R「岡村仁美 プレシャスサンデー」2012年1月22日

<2016年>
QR「竹内薫 みんなのサイエンス」
QR「吉田照美 飛べ!サルバドール」

<2015年>
NHKラジオ第一「マイあさラジオ」
NTV「頭脳王」
NHKBSプレミアム「幻解!超常ファイル ダークサイドミステリー」
BS日テレ「木曜スぺシャル『特許~人類が生んだ蜜と毒~』」
FN「ON THE PLANET」
BS日テレ「木曜スペシャル『映像新世紀~最先端カメラが見た驚異の世界~』」
BS-TBS「本田望結ちゃんのエネルギー調査隊~再生可能エネルギー編~」
その他 多数

<2014年>
NTV「最強の頭脳 日本一決定戦!頭脳王」
BS日テレ「加藤浩次の本気対談!コージ魂」
NHK「Rの法則」
EX「林修の今でしょ!講座」
BSプレミアム「プレミアムアーカイブス」
TBS「アイアム冒険少年」

NHK「クローズアップ現代」(2013年)
NTV「日本No.1の頭脳王!大決定戦!! 2013」(2013年)
NHK「「ウワサくんとカガクちゃん」」(2013年)
BS-TBS「女子才彩」(2012年)
TBS-R「岡村仁美 プレシャスサンデー」(2012年)
NHK「NHKアーカイブス」(ノーベル賞!生命の未来を変えた男山中伸弥iPS細胞革命) (2012年)
LF「垣花正 あなたとハッピー」(2012年)
NHK BSプレミアム「プレミアムアーカイブス」(2012年)
Fm yokohama「FUTURESCAPE」(2012年)
NTV「日本No.1の頭脳王!大決定戦!!」(2011年)
TX「宇宙ニューススペシャル3」(2011年)
NHK「セカイでニホンGO」(2011年)
J-WAVE「JAM THE WORLD」(2007年4月~2011年9月)
NTV「第31回高校生クイズ」(2011年)
NHK「クローズアップ現代」(2010年、2011年)
NTV「シューイチ」(2011年)
NHK BSプレミアム「らいじんぐ産」(2011年)
QR「大村正樹のサイエンスキッズ」(2011年)
BSフジ「温暖化対策 どうするポスト京都議定書」(2011年)
NTV「たけしのIQ200」(2011年)
NHK BShi「ノーベル賞 ~知の冒険と格闘~」(2010年)
NHK BShi「光の偉人 陰の偉人」(2010年)
NTV「NEWS ZERO」(2006年10月~2007年9月)
朝日放送「ムーブ」
その他 多数

・過去の実績等の詳細はhttp://kaoru.to/profile.htmlをご参照ください。

連載

週刊新潮「サイエンス宅配便」
R25「3分で世の中を読み解く!25歳の理科学ドリル」
日経新聞「今週の3冊」
PHPのびのび子育て「満天のひなたぼっこ」
ヒストリーチャンネル「宇宙部」コラム
ファミ通.com「竹内薫のサイエンスゲーマー日記」
他多数

主な著作物

学年ビリから東大へ進み、作家になった私の勉強法(PHP研究所)
文系のための理数センス養成講座(新潮社)
重力って……「重力」ってどんなものか知ってる?(偕成社) 著・イラスト:ジェイソン・チン 翻訳:竹内薫
教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る(SBクリエイティブ)
宇宙のかけら(青土社)
思考のレッスン 発想の原点はどこにあるのか(講談社)※茂木健一郎氏との共著
数学×思考=ざっくりと いかに問題を解くか(丸善出版)
体感する宇宙(エンターブレイン)
統計の9割はウソ 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術(徳間書店)
面白くて眠れなくなる素粒子(PHP研究所)
ヒッグス粒子と宇宙創成(日本経済新聞出版社)
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス(NHK出版)
怖くて眠れなくなる科学(PHP研究所)
科学予測は8割はずれる(東京書籍)
心にグッとくる日本の古典2<共著/黒澤 弘光>(NTT出版)
ざっくりわかる宇宙論(筑摩書房)
建築には数学がいっぱい!?<共著/藤本 壮介>(彰国社)
科学嫌いが日本を滅ぼす―「ネイチャー」「サイエンス」に何を学ぶか(新潮社)
超光速ニュートリノとタイムマシン 世紀の大発見がもたらす未来(徳間書店)
がんばる人ほど老化する―ストレスをかわす技術(日本経済新聞出版社)
3.11以後<共著/茂木健一郎>(中央公論新社)
コマ大数学科公認副読本<共著/ビートたけし、中村亨>(扶桑社)
シュレ猫がいく! ブレーンワールドへの大冒険(ベストセラーズ)
2035年 火星地球化計画(角川学芸出版)
心にグッとくる日本の古典<共著/黒澤弘光>(NTT出版)
図解入門 よくわかる最新宇宙論の基本と仕組み―宇宙137億年を旅する(秀和システム)
アップルだけがなぜ売れる!? iPhone,iPadだけじゃない。<共著/神尾寿>(ヒカルランド)
東京科学散歩<共著/中川達也>(祥伝社)
思考のレッスン(講談社)
アバウトアインシュタイン―70のミステリー(中央公論新社)
アインシュタインと猿 パズルでのぞく物理の世界<共著/原田 章夫>
(ソフトバンククリエイティブ)
遺伝子の不思議超入門<共著/村上和雄>(徳間書店)
文系にも読める!宇宙と量子論(PHP研究所)
ディオニシオスの耳―シュレ猫探偵(徳間書店)
量子重力理論とはなにか(講談社)
ブレイクスルーの科学者たち(PHP研究所)
ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論<共著/藤井かおり、松野時緒>(PHP研究所)
自分の価値を高める 知力(すばる舎)
鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学<共著/高橋 洋一>
(インフォレスト)
カオル少年と物理の塔<共著/たまだまさお>(PHP研究所)
脳とサムシンググレート<共著/茂木健一郎、村上和雄、養老孟司>(徳間書店)
なぜ「科学」はウソをつくのか(祥伝社)
脳の中にいる天才(日経BP社)
脳は「罠」をしかけてる!(東京書籍)
健康法があやしい!(宝島社)
バカヤロー経済学(晋遊社)
竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術(実務教育出版)
知的思考力の本質(ソフトバンククリエイティブ)
理系バカと文系バカ(PHP研究所)
16歳の教科書(講談社) 
奇跡の脳(新潮社)
「透明人間」の作り方(宝島社)
ねこ耳少女の量子論(PHP研究所)
一年は、なぜ年々速くなるのか (青春出版社)
大きく考えるための小さな本 (サンマーク出版)
「[非公認] Googleの入社試験」(徳間書店)
「天才の時間」(NTT出版)
「へんな数式美術館~世界を現すミョーな数式の数々」(技術評論社)
「宇宙の向こう側 量子・五次元・ワープト・スロート」(青土社)
「まだ9割の人が騙されているトンデモ仮説の世界」(徳間書店)
「白い仮説 黒い仮説」(日本実業出版社)
「したたかな生命」<共著/北野宏明>(ダイヤモンド社)
「あやしい健康法」<共著/徳永太 藤井かおり>(宝島新書)
「99.9%猫が好き!」(小学館)
「闘う物理学者! 天才たちの華麗なる喧嘩」(日本実業出版社)
「猫は科学に恋をする」(インデックス・コミュニケーションズ)
「仮説力」(日本実業社’07年1月)
「コマネチ大学数学科特別集中講座」<共著/ビートたけし>(フジテレビ出版’)
「頭がよみがえる算数練習帳」(筑麻書房06年9月)
「脳をめぐる冒険」<共著/藤井かおり>(飛鳥新社)
「99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方」(光文社)
「夜の物理学」(インデックス・コミュニケーションズ)
「世界が変わる現代物理学」(筑摩書房)


その他「ファインマン物理学」、「超ひも理論」等に関する著作、また監修・翻訳本も多数

主な講演タイトル

「科学時事放談」
「文系のための科学の話~サイエンスライターが読み解く文学」
「科学が変わる、技術が変わる、ビジネスが変わる」
「常識から開放される仮説思考」
「ビジネスマンのための科学力」