はやしや ひこいち林家 彦いちHikoichi Hayashiya

落語家

キーワード
  • 落語
講演会テーマ
  • 言葉・コミュニケーション
  • 人生
生年月日

1969/07/03

出身地

鹿児島県

経歴
ホームページ:https://www.hikoichi.com/
落語協会:https://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=148

平成元年に国士舘大学文学部を中退し、林家木久扇(初代木久蔵)門下へ入門。
前座名を“きく兵衛”とし、初高座は平成2年で演目は「寿限無」。平成5年に二ツ目に昇進し、現在の“彦いち”へ改名。
平成14年に真打昇進。
現在までに数々の賞を受賞し、新作の落語も数多く手がける傍らで、海外での英語で落語会にも精力的に参加。
もっと見る閉じる

実績

    • ≪これまでの出演番組≫
      BS日テレ「極上!三ツ星キャンプ」
      CS釣りビジョン「Fishing Cafe 第59回 釣って釣られて、笑顔になる 落語家 林家彦いち」

    • ≪これまでの出演番組≫
      TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」

    • <DVD>
      『新世紀落語大全 林家彦いち』
      『落語家Xの快楽 林家彦いちx益子卓郎(U字工事)』
      『林家彦いち喋り倒し~野田知佑・夢枕獏とユーコンを下る』

    • <CD>
      『毎日新聞落語会 林家彦いち』
      『毎日新聞落語会 林家彦いち2』
      『彦いちばなし~林家彦いち落語集・創作編~ 睨み合い・完全版/友情/彦いち短か噺 』
      『彦いちばなし~林家彦いち落語集・創作編~ 全身日曜日/さいとう/彦いち短か噺』

    • <書籍>
      『ながしまのまんげつ』(小学館、原作:林家彦いち  文・絵:加藤休ミ)
      『ねっけつ!怪談部』(あかね書房、原作:林家彦いち  文・絵:加藤休ミ)
      『楽屋顔~噺家・彦いちが撮った、高座の裏側~』(講談社+α文庫、著・撮影:林家彦いち)
      『瞠目笑(どうもくしょう)-天地万象をネタにした珍笑話集-』(パイ インターナショナル)

    • <過去の連載>
      南日本新聞社『林家彦いちのわっぜか噺』(毎週最終週連載)
      SOOK“農家に住む”(小学館Web雑誌 月1回連載)
      地球環境“彦いちのニコニコ地球噺”(日本工業新聞社 月刊誌)

講演会テーマ・コンサート事例

担当できる講演会テーマやイベントの事例についてご紹介いたします。

  • ●心に余裕のある暮らし~悩みの種を、笑いの種に変える!~ (講演+落語)

    "お殿様や商家の大旦那、長屋の熊さん、八っつあんまで、落語に登場する人たちは、どんなことが起ころうとも、最後には丸く収まり、笑いに収まります。楽しんだもの勝ち、笑ったもの勝ちの落語界。
    どんな悩みでも笑いに変えることができれば、一生笑いに困ることはありません。"

  • ●粋な上司、野暮な上司 ~楽しむことから仕事が始まる~ (講演+落語)

    "ストレスの原因は圧倒的に人間関係。どんなコミュニティにおいても人との相性はあるものです。小さなことにこだわるのではなく、慕われる人になるにはどうすればいいのか?
    そのヒントは落語界にあります!30年どっぷり落語界で生きてきた林家彦いちが、落語の世界に溢れる義理と人情の解決策を語ります。
    悩んだことさえ、笑い飛ばしましょう!"

  • ●世界への旅(スタンダップトーク)

    "世界の秘境を旅して廻る落語家 彦いち。ある時はユーコン川をカヌーで下り、ある時はバイカル湖で相撲をし、ある時はテーブルマウンテンで奉納落語をしたり、ある時はカザフスタンの芸人に会いに行ったり…。
    旅して廻った様々な体験を、スタンダップトークで、スライドを用いて喋り倒します!
    異文化の中で出逢う様々な“笑い”は、あなたを世界への旅へ誘います。"

  • ●子供落語教室(ワークショップ+落語レクチャー+落語)

    "落語初心者でも安心の、ワークショップと落語レクチャーのある落語会パッケージです。
    代表の生徒さん数人に小噺を教えみんなの前で披露するワークショップ、
    扇子や手ぬぐいを使った落語独特の所作の解説を始め落語を聞く為に必要な最低限の知識をレクチャーした後、彦いちの落語の披露をさせていただきます。
    日頃落語とは馴染みの無い学生さんでもすんなりと楽しんでもらえる内容です。"

もっと見る閉じる
講演会・コンサートの依頼はこちら