オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
最新情報
過去のニュースを見る
10/20(日)25:55〜 フジテレビ「千鳥の話の引き出し」再放送

テレビ

2019/10/17

【 森田 豊 】  10/20(日)25:55〜 フジテレビ「千鳥の話の引き出し」再放送

森田豊が5/18(土)出演した、関西テレビ「千鳥の話の引き出し」が
10/20(日)25:55〜26:50にフジテレビ(関東ローカル)で再放送を行います。

是非ご覧ください。
https://www.ktv.jp/hikidashi/
10/18(金)24:30~FMヨコハマ「Midnight Jammin'」出演

ラジオ

2019/10/16

【 奥田 弦 】  10/18(金)24:30~FMヨコハマ「Midnight Jammin'」出演

奥田弦が10/18(金)FMヨコハマ「Midnight Jammin'」(金曜日、24:30-25:00)に
ゲスト出演いたします。

かわさきジャズで共演予定のギタリスト井上銘氏の番組、
セッションありの30分。
是非お聴きください!

10/18(金)24:30~25:00
FMヨコハマ「Midnight Jammin'」
DJ 井上銘
https://www.fmyokohama.jp/jam/
10/18(金)19:00〜 文化放送「岸洋佑のスタートアップ」生出演

ラジオ

2019/10/16

【 江上 剛 】  10/18(金)19:00〜 文化放送「岸洋佑のスタートアップ」生出演

江上剛が、10/18(金)19:00〜21:00
文化放送「岸洋佑のスタートアップ」に生出演します。

出演コーナーは、20:00〜20:30の予定です。

是非お聞きください。
https://twitter.com/startup_joqr
トピックス

かわさきジャズ2019「Versatile JAZZ〜井上銘×奥田弦」

  • ライブ
  • 2019年11月14日(木)開演 19:00

ラゾーナ川崎プラザソル 

かわさきジャズ2019「Versatile JAZZ〜井上銘×奥田弦」

奥田 弦

奥田弦が今年もかわさきジャズに出演予定。

今年は、Versatile JAZZ〜井上銘×奥田弦 と題して、
ギタリスト井上銘さんとのデュオをお届けいたします!
是非いらしてください。

かわさきジャズ2019
「Versatile JAZZ〜井上銘×奥田弦」


新世代の超絶技巧ギタリスト井上銘(川崎市出身)と、高校生ピアニストで作曲家の奥田弦が共演。
若き才能が生み出す、 アドリブ満載&スリリングなスペシャルライブ。

開催日
2019年11月14日(木)

時間
開演 19:00

会場
ラゾーナ川崎プラザソル 

チケット
全席指定 4,000円 
チケット予約・購入
→かわさきジャズ2019サイトよりご購入ください。


出演者
井上銘(g)
奥田弦(pf)


https://kawasakijazz.jp/program/detail2019/20191114.php

愛国商売

  • 書籍
  • 2019年11月6日発売

小学館

愛国商売

古谷 経衡

気鋭の若手論客、古谷経衡による初小説。
単行本発売時、ネット右翼を騒然とさせた話題作が早くも文庫化!
解説には元外務省主任分析官・佐藤優氏。

【あらすじ】
南部照一は、孤独な自営業者だった。茨城県取手市在住。
猫と車を愛する27歳の平坦な人生は、ネット上のとある出会いによって狂っていく。

ひょんなことから保守系言論人の勉強会に参加し、中堅警備会社「シュトケイ」の懸賞論文に応募するや、入選。一躍、保守論壇の新星に祭り上げられ、日本唯一の右派系テレビ局「よもぎチャンネル」レギュラー出演者への道が拓けていく。

順風満帆の照一だったが、彼が足を踏み入れたのは、野心と嫉妬が渦巻き、裏切りや出し抜きが横行する下劣な世界だった。論客同士のパイの奪い合いから、思いも寄らぬ襲撃事件が発生した――。

〈 編集担当からのおすすめ情報 〉
あらかじめ断っておきますが、ヘイト本ではありません。著者が身を置いた保守論壇の世界が冷笑的に描かれています。日本がうまくいかない理由のほぼ全てを既存のマスコミに求める陰謀論者・波多野謙、韓国には一度も行った経験がないのにネットの断片的な嫌韓情報をもとに「韓国経済崩壊」をしきりに説く土井賢治ほか、「ネット右翼」に崇められるカリスマ論客たちの残念すぎる生態が詳らかになります。

定価:825円(税込)
発行:小学館
発売日:2019年11月6日

https://www.shogakukan.co.jp/books/09406717

二人のカリスマ 上巻 スーパーマーケット編

  • 書籍
  • 2019年9月24日発売

日経BP社

二人のカリスマ 上巻 スーパーマーケット編

江上 剛

戦後の日本でスーパーを展開
慎重な男は流通の覇者に

戦争から東京に戻った藤田俊雄は
異父兄とともに、スーパーマーケットを開業、
店舗網を広げ成長を遂げる。
どん欲に売り上げを追う仲村力也、
消費にも文化を、と訴える大館誠一ら、
ライバルたちと競い合いながら、
戦後の日本の流通業界を大きく変えていく。

作家・江上剛氏がカリスマ経営者の姿を描く。

二人のカリスマ 下巻 コンビニエンスストア編

  • 書籍
  • 2019年9月24日発売

日経BP社

二人のカリスマ 下巻 コンビニエンスストア編

江上 剛

反対に怯まず新業態に進出
男の挑戦は常識を覆した

スーパーマーケットチェーン、フジタヨーショウ堂に転職
有能な働きで頭角を現したビジネスマン、大木将史。
米国出張で偶然出会った
コンビニエンスストアを日本で展開し
日本の消費者の暮らしを大きく変えた
彼を待ち受けるものとは。

作家・江上剛氏が描くカリスマの運命とは。

≪下巻内容≫
第九章   コンビニ契約成立
第十章   コンビニスタート
第十一章   スーパーマーケット大改革
第十二章   荒天に準備せよ
第十三章   バブル
第十四章   社長退陣
第十五章   独裁
第十六章   決断
最終章   カリスマの終焉
あとがき   「二人のカリスマ」について

他人の足を引っぱる男たち

  • 書籍
  • 2019年5月10日発売

日本経済新聞出版社

他人の足を引っぱる男たち

河合 薫

なぜ、優秀な若者が組織で活躍できないのか?
なぜ、他国に比べて生産性が上がらないのか?
なぜ、心根のゲスな権力者が多いのか?

そこに潜むのは、日本の会社員の組織への過剰適応だった。
“ジジイ化”の元凶となる「会社員という病」をひもとく。


2017年に刊行した3万部超のヒット作『他人をバカにしたがる男たち』の姉妹編ともいうべき本書では、
前作で話題をよんだ“ジジイの壁”の背景となる「会社員という病」に迫ります。
「アピ潰し」に「ハシゴ外し」・・・不毛な“足引っぱり”に日々精を出さずにいられない、新中間階級のジレンマとは?
読み口痛快にして、深く考えさせられる内容です。

もっと見る

タレント・音楽家・作家・応募はこちら

オフィス・トゥー・ワンでは才能あふれる新しい人材を随時募集しています。

応募はこちら