オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
最新情報
過去のニュースを見る
6/21(木) 7:00~ TOKYO MX「モーニングCROSS」生出演

テレビ

2018/06/18

【 森田 豊 】  6/21(木) 7:00~ TOKYO MX「モーニングCROSS」生出演

森田 豊が、6月21日(木) 7:00~8:30
TOKYO MX「モーニングCROSS」に生出演いたします。

ぜひご覧ください。
http://s.mxtv.jp/morning_cross/
6/21(木)13:55~ 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」出演

テレビ

2018/06/17

【 おおたわ 史絵 】  6/21(木)13:55~ 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」出演

おおたわ史絵が、6月21日(木)13:55~15:50
日本テレビ系(読売テレビ)「情報ライブ ミヤネ屋」に出演いたします。

ぜひご覧ください。
http://www.ytv.co.jp/miyaneya/
6/19(火) 7:00~ TOKYO MX「モーニングCROSS」生出演

テレビ

2018/06/16

【 江上 剛 】  6/19(火) 7:00~ TOKYO MX「モーニングCROSS」生出演

江上 剛が、6月19日(火) 7:00~8:30
TOKYO MX「モーニングCROSS」に生出演いたします。

ぜひご覧ください。
http://s.mxtv.jp/morning_cross/
トピックス

「ラストチャンス 再生請負人」ドラマ化決定!

  • ライブ
  • 7月スタート(毎週月曜22:00)

テレビ東京 ドラマBiz

「ラストチャンス 再生請負人」ドラマ化決定!

江上 剛

テレビ東京で4月よりスタートした新ドラマ枠「ドラマBiz」(毎週月曜22:00)。7月スタートの第2弾にて、江上剛の『ラストチャンス 再生請負人』(講談社文庫)がドラマ化決定!主演は同局の連続ドラマ初主演となる仲村トオル。

“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを放送している「ドラマBiz」。第2弾のテーマは「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描く。

 原作は、人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を次々に浴び、もがき苦しみながらも、会社の再建に力を注ぎ、皆を引っ張っていく主人公の姿が、多くの読者に勇気を与える会心作。今回、初めて映像化される。

 主人公・樫村徹夫は、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなどさまざまな業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われる事に。

 樫村の元同期で企業コンサルタントに転身した宮内亮役に椎名桔平が決定。元同期として切磋琢磨してきた樫村と宮内の2人の関係性がどう変化していくのかも、みどころの一つとなる。

 そのほか、和田正人、大谷亮平、勝村政信、町田啓太、石井正則、本田博太郎、ミッキー・カーチス、嶋田久作、竜雷太(特別出演)、水野美紀 長谷川京子らの出演が決定している。
http://www.tv-tokyo.co.jp/lastchance/

【古谷 経衡】5月30日二冊同時発売!

  • 書籍
  • 2018年5月30日

『愛国奴』(駒草出版) 『女政治家の通信簿』(小学館新書)

【古谷 経衡】5月30日二冊同時発売!

古谷 経衡

古谷経衡が、5月30日に『愛国奴』(駒草出版)、『女政治家の通信簿』(小学館新書)を同時発売いたします。

『愛国奴』
(駒草出版、古谷経衡・著、定価1,944円(税込))

「ちょっと右寄りでオタク青年」という出自をもつ主人公、南部照一。ネットで知り合った友人の手引きで「保守ムラ」の狭い論壇に出入りするようになる。
当初は右も左もわからぬ照一であったが、某警備会社が主催する懸賞論文での入選を機に、CS放送局を運営する「保守ムラ」のドン・杉坂義男にスカウトされてキャリアを形成していくうち、いつしか照一自身も保守業界の病弊に蝕まれていくのであった。
そのような中、保守論壇をリードする波多野譲と土井賢治の二人の若手言論人が、出演する保守系CS放送の番組放送枠をめぐり対立を始める。
その結果、血で血を洗う骨肉の「保守内戦」が勃発……
そこから物語は急展開を見せていくことになる。
保守ムラの住人たちはどうなっていくのか。愛国を掲げてカネ、利権、憎悪、嫉妬、報復、狂気が蠢く世界を描いた、著者初めての渾身の長編書下ろし小説500枚。


『女政治家の通信簿』
(小学館新書、古谷経衡・著、定価820円+税)

彼女たちの「政治家としての資質」を問うーー。
永田町や霞が関は、今も男性優位と指摘される。財務省のセクハラ問題は氷山の一角。女性の政界進出は時代の要請だ。
ただし、昨今、女性政治家の失言や醜聞が俎上にのることも珍しくない。女刺客、○○ガールズ、マドンナ議員。選挙時の「党の華」も、当選後は機会に恵まれず、人知れず散る。
女性政治家が活躍するためにも、「女性だから」と重宝するのではなく、「政治家の資質」を問うことが必要ではないか。

【本書に登場する女性政治家たち】
「鉄の天井」などない/小池百合子都知事
涙ぐむ「ともちん」に保守層も引いた/稲田朋美前防衛大臣
女は弱し、されど母は強し/野田聖子 総務大臣
「二重国籍」を批判するバカたちへ/蓮舫元民進党代表
「土」と「大麻」に拘泥する総理夫人/安倍昭恵総理夫人(番外編)

ほか中山恭子、山谷えり子、杉田水脈、辻元清美、山尾志桜里、福島瑞穂、吉良佳子、上川陽子、片山さつき、高市早苗、金子恵美、佐藤ゆかり、上西小百合、三原じゅん子、今井絵理子、丸川珠代、嘉田由紀子、太田房江、小渕優子、鈴木貴子、田中眞紀子、土井たか子、扇千景の計29人を論評。

野田聖子総務大臣、舛添要一前都知事との対談も収録。


ぜひご一読ください。

ラジオNIKKEI「聴く日経」

  • ライブ
  • 6月11日(月)〜6月20日(水)

ラジオNIKKEI「聴く日経」

河合 薫

ラジオNIKKEIの音声番組「聴く日経」にて、
6月11日(月)から10日間、特別版として河合薫のインタビューを配信いたします。

ぜひお聞きください。
http://www.radionikkei.jp/kiku/

残念な職場〜53の研究が明かすヤバい真実〜

  • 書籍
  • 2018年4月15日発売

PHP新書

残念な職場〜53の研究が明かすヤバい真実〜

河合 薫

「600万の黒字より、5億の赤字の方が評価されるんです」――
瀕死の部署を再生させた後、左遷されたモリさん(仮)は、苦笑しながらこう語った。
上層部の意図に沿わない成功は全く評価されず、上層部の方針に従って出した大赤字は「ナイスチャレンジ」と見なされる。
会社という組織では、そんな「残念」なことが毎日起こる。

・数字を見てるだけで「経営をする気」がない経営者
・「会社を変えてやる! 」と意気揚々だった若手が、出世したとたんに豹変
・女性だけの会議はダラダラ長い
・ヒマな50代がごろごろいる
・「いやぁ、完徹しちゃって、ははっ」と徹夜自慢する

どこの組織にでも起こる問題を、 健康社会学者が53の研究に基づき「真実」を展開。
「文化心理学」「ピーターの法則」「首尾一貫感覚」「わが国大企業の中間管理者とその昇進」「OECD国際成人力調査 」「プロジェクト・アリストテレス」など幾多もの理論や学術論文に加え、「 600人強へのインタビュー」から改善の具体策を導き出す。「あいさつ運動」や「17時退社を当たり前にした仕組み」で会社の業績も伸びた例なども紹介。
「この会社、意味不明」と嘆くビジネスパーソンのストレスが軽くなり、希望のヒントが見つかる一冊!

こんな会社は残念な会社! チェックリスト
□無責任な上司ほど、部下を見捨てて出世していく
□会議で偉い人ばかりがしゃべっている
□結局、女子社員に女子力を押し付けている
□誰かが徹夜しても気にしない。誰かが倒れても特に何も変わらない
□50代のリストラを狙っている

これはヤバい! 「53の真実」のごく一部
●部下を貶めるウソをつく上司に、罪悪感は全くない
●実は家庭より職場の方がストレスがない
●長時間労働で睡眠不足だと、心筋梗塞のリスクは4・8倍
●短時間睡眠で平気な人のほとんどは「脳の故障」

胸が熱くなる! 改善の具体例
☆30人で行っていた仕事を10人でこなす「セル生産方式」
☆天草エアラインの危機を救った合い言葉 「天草らしさ」
☆育児休暇から戻ってきた女性を全員管理職に昇進させる会社
☆50代以上の社員には、「教える・伝える」をさせる
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83793-2

名古屋フィルハーモニー交響楽団特別演奏会 クリスマス・スペシャル・コンサート2018 奥田弦出演

  • ライブ
  • 2018年12月19日(水)18:45開演

愛知県芸術劇場コンサートホール

名古屋フィルハーモニー交響楽団特別演奏会 クリスマス・スペシャル・コンサート2018 奥田弦出演

奥田 弦

名古屋フィルハーモニー交響楽団特別演奏会
クリスマス・スペシャル・コンサート2018〈アメイジング・ジャズ・ナイト!〉
16歳ピアニスト奥田弦が出演いたします。

【日時】2018年12月19日(水)18:45開演

【場所】愛知県芸術劇場コンサートホール

【出演】
川瀬賢太郎(指揮/名フィル指揮者)
名古屋フィルハーモニー交響楽団
奥田弦(ピアノ)

【プログラム】
パン:スラローム
ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム変奏曲*
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー*
アンダーソン:舞踏会の美女
アンダーソン:忘れられし夢
アンダーソン:ジャズ・ピツィカート
アンダーソン:ジャズ・レガート
アンダーソン:そりすべり
チャイコフスキー[エリントン&ストレイホーン編]:バレエ『くるみ割り人形』作品71 組曲[日本初演]


【料金】
プラチナ席: ¥7,700
S席: ¥5,100
A席: ¥4,100
B席: ¥3,100
C席: ¥2,100
D席: ¥1,500
Y席: ¥1,000(25歳以下,当日券のみ

【チケット】
名フィル・チケットガイド
※2018年7月25日より購入可能

その他プレイガイド
愛知芸術文化センター内プレイガイド
名古屋市文化振興事業団チケットガイド


【お問い合わせ】
名フィル・チケットガイド
Tel:052-339-5666



https://www.nagoya-phil.or.jp/2018/0202112324.html

もっと見る

タレント・音楽家・作家・応募はこちら

オフィス・トゥー・ワンでは才能あふれる新しい人材を随時募集しています。

応募はこちら